ONEonONEヘアサロン suffcuts の bosscuts のブログ

長野県東御市にあるDO-S&ハナヘナ専門ぼっち&おしゃべり&おせっかいヘアサロン ・ 人生、恋愛、歴史、経済、宗教なんでもござれダメージヘアを語る隙間にアナタのその日のキモチさえケアしてしまうよと豪語してはばからない恥知らず似非心理マジシャン(自称)スタイリストbosscuts の販促ではないでも集客目的ではあるのかもしれない本気かよ、ってつまりごく個人的欲求の吐き捨て場へようこそ ・ No! Treatment! がモットーだからツヤツヤサラサラとか馬鹿なことは言いませんから

不向きってことなの

”毒親判定” 的なヤツをネットで今更見かけて、ただいま若干情緒不安定であるらしき自覚らしきこそを全く誤魔化しきれないが故の情緒不安定がさせたんでしょうかそんなモノばっか積極的に ”おためし” してしまいまして何せパーソナルデータ入力不要とかもっぱらのカジュアルさだったものですから当たり前ですよね、早速やってしまったワケです説明長いですねと。

 

 

判定  毒親度 50%

 

どっちだよ、っつハナシですよ。

でも、”あなたは毒親かもしれません” ですって。

 

ちなみに "毒親洗脳度” ってやつもやってみたらあらイヤだ、100%でした(泣

ひとんちの親全力でバッシングですよ失礼してしまう。

しかも一人ばっかしかいないのに、っていうかもうとっくの昔に他界しましたけれども。

 

 

"この親にして、この子あり” みたいなこと言うじゃないですか。

”この親にして” って部分からすでに印象とか記憶が結構曖昧って薄情なクチなんですけど、だからこその100% ってことなんですかねー。

けっこう複雑なんですかね人間ってのは。

ただの不器用とかそんなんだったならまだマシかもなんだけど。

母子家庭の母やってたウチの母は仕事も家庭も一生懸命にぶち当たって、その結果くたくたになってものすごく早く死んでしまったカラダが弱かっただけの普通の人です。

そんな風に見えていることこそが100% ってことなんですかね。

あまり優しくしてあげられなかったので、そんな後悔みたいなモノばっかはこびりついて離れずにいるのですが。

 

 

”この親にして” って部分ばっかを、親になったわたしなんかは闇雲にかき消したがるんだろか。

口うるさいことを繰り返しながら、”ああ、この子のいいところをわざわざ台無しにしてるよわたしは” って、どっかで間違ってるってそんな気はしてんです。

スマホばっか弄るのに忙しくて夜中の0時にようやくお風呂に入る自己管理のだらしなさとか、好きじゃない食事の時の明け透けなわかりやすさだとか、部屋が汚いとか、すぐに風邪を引くとか、どうやら毒親であるらしき親の影響をモロに受けたらしき毒親度50% とかってわたしはそんなことの一つ一つが全然一つ一つなんかではないほとんど一つばっかでしかないはずの何事かばっかを理由に当たり前みたいな彼女のだらしなさって一部を露呈させてんだってばっか思えて、近頃なんかはほとんど条件反射みたいにつまりパブロフの犬さながらに苛立ちを覚えてしまう始末でいるものだから本当に煩わしくてイライラして猫ばっか可愛がってそのくせ家に帰ることが憂鬱で仕方ないっていうほぼほぼ最低な有り様だったりするんです。

そんなこと子どもに言ってしまったら終わりだわかってますってば。

でも言ってしまったことあるかも。

 

 

一体何を期待したがるんだろか毒親50%らしきは。

色んなことをリセットすべきとかそんなことばかり考えたがるそんな日なのですまるで暗闇。

 

今年ももうじき終わるってことですか、そんな程度のことばっかだったらいいのにって50%なんて所詮ひん曲がったことばっか考えるらしいです。

 

 

イヤになってまいりました。

はぐらかしていられる時間もあまり長くは残されていないはずなのです。

わかってますってば。

 

ズルいんだなあ。