ONEonONEヘアサロン suffcuts の bosscuts のブログ

長野県東御市にあるDO-S&ハナヘナ専門ぼっち&おしゃべり&おせっかいヘアサロン ・ 人生、恋愛、歴史、経済、宗教なんでもござれダメージヘアを語る隙間にアナタのその日のキモチさえケアしてしまうよと豪語してはばからない恥知らず似非心理マジシャン(自称)スタイリストbosscuts の販促ではないでも集客目的ではあるのかもしれない本気かよ、ってつまりごく個人的欲求の吐き捨て場へようこそ ・ No! Treatment! がモットーだからツヤツヤサラサラとか馬鹿なことは言いませんから

勝手が担保する勝手

「この前は先にシャンプーしたよね。何が違うの?」

 

ってこの前お客さんにつっこまれました。

その気配には若干の猜疑も含まれていなくもないことをわたしは察したつもりではいたのですが、何のことナイです。

 

「クセついてたから、洗いたかっただけですね」

 

 

これって、裏切りなんですか?

詐欺っぽいですか?

 

 

髪をカットするにもやり方は様々ありまして、って当たり前。

ここで言いたいのは技術的なハナシではなくて、つまり都合とか、切る人間切らせていただく側の人間目線のハナシなんですけど、主に何だろ? ”ブーム”とか、例えばそんなこととかもありまして。

個人的 ”ブーム”

 

 

先シャンか、後シャンか、洗って切ってまた洗う、まではしないどっちかって業態でいるうちの店ですからそこのとこは気まぐれ極まるところでありまして、2シャン望むなら金を出せ、なんて全然本気で思ってます。

高いシャンプー使ってますし、水もガスも安くないですもん。

そこにきてウチってば多分相場より安くやってるんですもん、そこのトコわかって欲しいです。

 

 

で、”ブーム” のハナシ。

 

カットに関しては男女分け隔てなく、”ベースカット” っていう前段階と、”マテリアル” とかまあ他にも言い方あるんでしょうけどつまり仕上げみたいな段階っていうのが大まかにありまして、仕上げはほぼドライの状態で行うのに対して、ベースカットは濡れた状態であったりドライの状態であったりとそのアプローチは目指すスタイルであったり髪質であったりクセの状態であったりとその条件に合わせて都度変わったりするわけなんですね。

 

特にあえて ”ブーム” と呼びたがる事情は一体なんぞやか、ということになるとですね、ここにきて初めてアプローチなどの論法手法を超越した ”人間目線” になってくるわけです。

超越とか言ってるし。恥ずかしいなあ。

 

 

 

”ドライから直接狙っていきたい気分”

 

”ウェットでスパッと決めてく感じがなんだかしっくりくんのよ”

 

って例えばそんな感じにおきまして、手法とか技法を飛び越えたトコでガンガン切り込んでいけそうな気にさせるつまり ”ブーム” みたいな感覚っていうのが自分の中にある周期においてありましてそれはまったくの不定周期でさえありましてつまり、件のお客さんの際には ”ドライブーム” がたまたま来てたってことなんですかね。

ちなみにそれって今も続いてる ”ブーム” なんですけれども。

 

 

どっちが正確なのか、”ウェット” と ”ドライ”

 

そんなおハナシはこの胡散臭い業界内におきまして常日頃から交わされる所詮嘘吐き見栄吐きの論破欲求っていうストレス発散の一環でしかないクソくだらなさでしかないんですけれどもつまり、”勝手” っつことだと個人的には思ってます。

 

仕方ないですよ、ドライのがキレイにしかも簡単に切れそうな気がしちゃうんだし実際そうなんだし、ウェットで見定めたい髪質とかクセっていうのも実際あるものなんだし。

ただ単純に、最善と思えるアプローチを全くの感覚とか勘でもって選り分けてるだけなんです。

これってわたしだけのハナシですからね、インテリスタイリストとか真正面からムカついて仕方ないハナシですからね多分。

 

だって腐っても技術屋なんだぜ、なんて威張ってみたトコでサロンなんてコンビニよりたくさんあるらしいからムダじゃんかっつことくらいわかってますもの気に入ったトコ勝手にどんどん行ったらいいんです疑り深いばっかのサロンジプシーなんかこっちからお断りだっつの何とかペッパーのクーポンとか口コミばっか鵜呑みにしてさらさらつやつやとか分けわかんないサービス満喫したらいいんです世の中便利なモンですしウチにはそんなモン売ってないですしよくわかんないですし。

 

はっきり言って、ウチは不器用。色々と。

すまんなー。

 

 

 

基本、女性の方は先に洗わせてもらってます。

男性より概ね長いスタイルであることがほぼほぼですから、ドライの手間が二度になることが要するに生産的ではないって判断からです。

切り落とした髪が残ることも長いスタイルには割りと考え辛いことなので、水準として大丈夫なものと考えてます。

隙バサミとかあまり好きじゃないので、落ちる毛も細かいものが必然的に少なくなります。

 

対して、男性の方。

近頃は何だか汚ねえなとかそんな感じでもない限り、あとずぼら極まる寝癖アタマとか仕事帰りのヘルメット癖父さんとかそんな感じでもない限り、後シャンにしてます。

マッサージ付きにて。

短いスタイルが多いですし、男性の場合は強かろうが弱かろうが悪いクセはぶっ殺してなんぼってトコからスタイルが始まると思っているのでアプローチは強引かつ頑丈な感じでやらせてもらってます。

クセの影響を遠慮なく殺せるところがメンズの面白さでもあると思ってます。

あと、やっぱりマッサージとかは父さんたち好きですしそのくらいはしてあげたいですし、もちろん女性の方でもマッサージがお好きな方もおられるでしょうけれどもそれって時と場合ってことも加味したなら所詮ウチなんておっさんの一人商売ですしロン毛でキモいですし隙あれば余計なことしゃべり出すしつまり、時にはお節介とか苦手を思いつかせてしまうこともあるのではあるまいかとそんなショボい気遣いばっかを理由に不公平感とかそのへんのことはまったくシカト決め込む所存でいます。

っていうか、カットっていう本来の目的のみにおいてすでに女性の方の方が余程手間を掛けさせていただいてるつもりでいるので、ってこれってエロ目線とかそんなんじゃなくて、単純に短いより長いほうが手間掛かるのに決まってんじゃんって当たり前じゃんってハナシでしかないんですけどアタマおかしいですかね。

神経だって遣います。

”髪は女の命” ってそりゃそうですともしかしながらすっげ脅迫文章だよね、っていうのも全くの本音でもって男性に対するものとはまた違う気遣いを持ち出すものです。

 

 

女の人はウェットベースのがキマリが早いです。ベースのハナシ。

上手なスタイリストさんは多分この辺の割りきりとか判断に長けているんだと思うんですね。

ベースを安定したレベルでざっくり決めて、マテリアルでちゃんと落とし込める自信のあるスタイリストさん。

仕事ぶりも手際に出るのでお客さんにも伝わるものだと思うんです。

わたしは全然そんなじゃないんですけども。

それどころか平気で一時間も切ってるアホです。すんませんです。

 

男の人がウェットだと場合によっては馬鹿正直すぎて手に余ることがあります。ドライしてみたらダサくなったとか普通にあり得ます。

スタイリング剤なんかがついていると洗わないわけにはいかないので前シャンになります。

マッサージもナシだから、なるべくキレイにしてきてもらったほうがいいはずです。

女性の方以上にエロ目線とかあり得ないですけど、おしゃべり盛り上がるともっと仲良くなりたくてついエロいハナシとかしてしまうのばっかはスミマセン。

楽しかったらイイと思ってますスミマセン。

マンツーマンのイイとこなんじゃないですかね、余計なハナシこそ面白いじゃないですか。

 

 脱線。

 

 

ドライとウェット、どっちを正体とするか的論争は常にあるんですけどそんなことまともに語りたがるのとかアホだと思います。

その人見てそうしたくなる。

そんないい加減みたいだけど所詮技術者っていう目線こそに物言わせる判断を否定したいならこんな仕事さえ数年後にはペッパー君とかで十分とかそんな時代になっちまうんじゃないですか。

 語学なんてそろそろ学ぶ価値なくなるらしいですよ、AIが同時通訳してくれるから。

 

 

肉体的にも精神的にハードな面はあるけれど、所詮ソフトでしかこなせないことこそがこの仕事だと思っているのでAI上等ってクソ根性ひけらかしながら長らくハサミと戯れていたいものだと思うワケです。

 

 

 

現場を離れて経営者になっていかなければならない、とかすぐ上から言いたがる守銭奴とその手下どもは札束ばっか数えて指先ツバ臭いおじいちゃんにでもなったらいいです勝手にしろアホっつことです。

 

 

 

さて、楽器の練習でもいたしましょうか。

11月も仕事に遊びに頑張って参ります。

 

お出掛け下さい。

お待ちしております。