読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ONEonONEヘアサロン suffcuts の bosscuts のブログ

長野県東御市にあるDO-S&ハナヘナ専門ぼっち&おしゃべり&おせっかいヘアサロン ・ 人生、恋愛、歴史、経済、宗教なんでもござれダメージヘアを語る隙間にアナタのその日のキモチさえケアしてしまうよと豪語してはばからない恥知らず似非心理マジシャン(自称)スタイリストbosscuts の販促ではないでも集客目的ではあるのかもしれない本気かよ、ってつまりごく個人的欲求の吐き捨て場へようこそ ・ No! Treatment! がモットーだからツヤツヤサラサラとか馬鹿なことは言いませんから

ばっか

押したら押されてくれるからドアって開くんでしょ、って例えばのハナシ。

押す、っつことと押されるっつ景色。

 

それはどっちからの視点なのかって見方とか冷静さ、なんてつまりしたたかさみたいなモノは確かにあるべきはずで、そんなモノを一方から複眼的に眺めようなんて欲張りなことを思いついてしまったものならそれにまつわるあらゆるあれこれを秒殺の勢いでもって見失いかねないつまり思いつくだけムダとかものすっごく平凡な景色にこそ秒殺される庶民性とかまんまと発揮してしまうのではないかとかなんとか今朝も朝から何言ってんだかさっぱりわかんないですよねおはようございます。

 

 

わたしんちの縮毛矯正の1剤は軟化してくにゃくにゃとか、そんな感じにはなりません。

リングコームの柄にほっそい毛束を巻き付けて反発しなかったらオッケー、とか昔やってたみたいな判断基準とか全然クソの役にも立ちません。

クスリの強さなんかも随時わたしの私見的判断のみに基づきまして調整するんですけど、所詮 ”勘” でしかありません。

 

 

”1剤で髪のタンパク質の結合を解いて、ロッドやアイロンなんかで意向のカタチに髪を誘導して2剤で再結合させる。”

 

 

平たく言うとパーマって縮毛矯正ってそれだけの仕組み。

それを元よりシンプルな仕組みで、出来るだけ髪に負担を掛けないようにするためにたくらむことやらは様々あるんですけどそんなことここでひけらかしたところで全然クソの役にも立たないし所詮受け売りでしかないことさえわかってるから心配すんなわかってるってば。

 

すっごいわかりづらいことを単なる ”勘” に任せてやることは無責任なんだろか。

例えばわたしなんか今のクスリを使い始めたころなんか全然クセ伸びなくて文字通りアタマ抱えちゃったわけです。

”何これ。全然伸びひん”

幸か不幸かいや多分幸ではないのだけれどもウチのムスメちゃんたらわたしにそっくりですっごいクセ毛なもんだから体よくわたしの実験台ですよ可哀想にってさすがに申し訳なかったからわたし自身も実験台になったりとか知人に犠牲になってもらったりとかしてようやく基準みたいな線引っ張ったつもりでいるんですけど、おかげさまなのかただの偶然のなのか結果は良好だしそのくせ肝心なムスメちゃんのクセばっかは完全に伸ばしきれたことが未だにないとか人類の精神世界っていうつまり単純な力みみたいな愚かさとか常々思わずにいられない感じなんですけどつまりつまりそれも引っ張った基準のウチとかそんなことにしておいてベクトルの作用点が一先ず店とかにあるならそれでいいじゃんか、なんてわたしっていう私見ばっかの基準ながめてクセ伸ばしてる伸ばさせていただいてるわけです常にバクチですとかなんでそんなことばっか正直なんだろとかもう憚れない止まらない。止まった。

 

 

わたしのごく私見的基準 ”内緒”

 

 

ありがちな感じとして、プレミアムやらウル艶だとかってグレード分けて何種類もストレート売ってるお店さんとかあるんですけど、アレって何なんだろかってわたしなんかアホみたいに首傾げるしかないんですよね。

世間知らず?

そりゃそうさわたしってば独りなんだもの公私共にぼっちなんだもの全然モテないし猫さえあんまり懐かないしこんなに可愛がってんのに抱っこしてスリスリするとスウェーで避けまくるとかお前ボクサーかよいいやただの猫だぞふざけんな可愛げ見せやがれ魅せやがれ可愛いなあってなんだか悲しくなってきたけど大丈夫わたしは所詮あんまり恋に堕ちたくないタイプつまり精神的ケチだとかなんだよやっぱ所詮最低かよと悲しいなあ惨めだなや。

 

無知は罪ナリ。

 

心配すんな、自分が所詮最低だっつことはしかと受け留めたっつの。

しかもわたしの ”ごく私見的基準” はひとつばっかだから、それを無知とかって罵られたって所詮それ以上何も出てきやしないぜ罵り甲斐なくてすまんな価格設定さえひとつばっかだぜ薬剤の使用量ばっかは追加になっちゃうんだけどもよってことなんだけれどもつまりパーマや縮毛矯正なんて所詮仕組みはひとつばっかだぜってハナシしてんですけどわかってますか?

 

余分にお金積んだら余計にさらさらになりますとかウルウル艶々になりますとかってつまりケチなこというならこっちも手加減しちゃうぜってことなんだろかそれともお客様こそその程度でいいですあたしなんかってば所詮そんなもんですなんておしとやかさでいるんだろかブスになりそうだから気をつけなよねそんな品性とかって嘘なんかってばさ。

 

 

余計に髪をキレイにする方法とか、そんな仕組みそのものには出会ったことないでもないんですけど、個人的には相性よくなかったみたいで三ヶ月とかそんな程度のお付き合いだったような記憶でいます元カノのハナシとかじゃないよでも感情的には似てるとかそんなハナシではあってもいいかなとか。

 

所詮仕事なんですけど、恋するようなつもりで手に入れていきたいもんだ、みたいなことは柄にもなく思ったりしないでもないんですけどつまり、 ”ひとつばっか” ってのはわたしにとっては思いのほか重要だし説得力とかそんな厳かさではないけれども案外似ていなくもないつもりとかそんな感じにおいて殊更に重要なつもりでいるんだしいちいち面倒掛けて手に入れたがったものについて思う自分ばっかの安心とか自惚れぎみに言ったなら例えば自信とかってモノは所詮見ぐさいものでしかないのかもしれないのだけれどもそんなモノこそがわたしなんかには案外 ”責任” とかそんな胡散臭い正義みたいなもののようにこそ思えてしかたないらしくつまりつまり、商売向いてないんじゃないの? なんて使い古された積極性社会性なんて知るか勝手にしろとかってそんな生意気さにおいて気に入ってんだよオイラはよ、なんて急に江戸っ子とか最近あちこち飛び回るんだねこのまえってかさっきも関西飛んでたよねなんてどうでもいっかつまり結構気に入ってるっつハナシなんです長ぇーよと。

 

ご近所ではないけど毎日見掛けるプチご近所のとあるラーメン屋さんがリニューアルっぽくラーメンばっかじゃなくてカレー、カツ丼、ラーメンみたいな看板に架け替えてあれ、食堂転身? みたいな感じになってたんですけど、武器増やしたぜって勇者感でもって邁進ってことらしいから毎日見掛けてるばっかのわたしなんかただ ”がんばれ頑張れオイラも商売人だから気持ちとかすっげわかるし” なんて傍迷惑な声援ばっか心ん中ばっかで声にも出ないケチ臭さでいるんですけれども同じくらいの心持ちでもって ”わたしは武器減らしてこうって思ってんですけどね” なんて冷たさこそバンバンだだ漏らしてばっかなんですけどそんな時代っつことらしいからわたしばっか責めるのとか勘弁してください自営業は自由業なんだぜ少なくとも精神的にはよってつまりいい加減かつそれぞれの必死さとかそんなハナシだからサラリーには所詮わかんねえだろなって死んだらいいのに発言ついに発動そろそろ終わりにしとこうヤバイヤバい。

 

 

どっちでもいいから正体明らかにしてこうよね所詮お客さんと生きてくんだからさ、ってひとつばっかの目的に対していくつモノ答えやらカタチがあってもいいじゃんかそんでもってわたしはわたしっつうひとつの目的の中のひとつってことでいいじゃんかって、そんな嘘くさい大人らしさとかでちゃんと〆たっていいじゃんか商売人はお客様に ”おあいそっ” って呼びかけられて初めてお仕事完遂なんでしょってそれって田舎の食堂とかそんな感じなんじゃないのすまんなこちとら所詮いい加減だっつの。

 

”お愛想”

 

漢字にしたらこんな感じ? 知らないけど。

愛しく想う、とかなんだかいい言葉じゃんか偶然でも許してやるよとかそんな感じの漢字。

 

 

何を愛しく想うんだよ。

 

 

商売ってそういうことばっか要求されてんじゃないかとか、柄にもないこと思わないでもないんですよ所詮性格地味なもんで。