読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ONEonONEヘアサロン suffcuts の bosscuts のブログ

長野県東御市にあるDO-S&ハナヘナ専門ぼっち&おしゃべり&おせっかいヘアサロン ・ 人生、恋愛、歴史、経済、宗教なんでもござれダメージヘアを語る隙間にアナタのその日のキモチさえケアしてしまうよと豪語してはばからない恥知らず似非心理マジシャン(自称)スタイリストbosscuts の販促ではないでも集客目的ではあるのかもしれない本気かよ、ってつまりごく個人的欲求の吐き捨て場へようこそ ・ No! Treatment! がモットーだからツヤツヤサラサラとか馬鹿なことは言いませんから

通用しないこれから

ブログとかってこういった面倒なことをするっていうのは日々のテンション見たいなものが露骨に反映されるワケでつまり、10月とかって季節はなんとも夢のない季節に思えて仕方ないわけで。

 

誕生日の人にはあらかじめゴメンサイということで。

 

 

近頃、とても古臭い精神に出会うこととかありまして。

それを否定してしまったのならこれまでの人類の歴史は専ら日本人って精神はいったいどうなってしまうのか、といったことにもなりかねないのかもしれないのだけれどもそれにしても古臭くてなにやら苦手な気持ちを思いつかずにはいられなかったわけです。

 

 

”アルバイトってみんなブラックなの?”

 

って、今朝ごはんを食べてるときにムスメちゃんが一言ボソリと。

何で? って尋ねたら、

”何かさ、バイトしてる友だちみんなそんなことばっか言ってるからそうなのかなって”

って。

 

とは言うものの、ウチのムスメちゃんなんて修学旅行の私服のコーディネイトすら父ちゃんに丸投げするキセキのJKですからその知性とか感性とか一般常識とかってつまり彼女自身を形成する材料そのものが貧弱かつ活性炭的虫食い状態の柔軟性っつこともありまして要するに所詮アホってことなんですけれども、それにしてもコリャイカンと。

 

”世話になるっつことは、それなりに理不尽な部分受け入れる必要もあるもんやねん”

 

って何で語尾関西人。

しかも、何だかつまらんこと言ってしまったなと。

前途あるワカモノに。

 

 

ブラックとホワイトの中間には、グレーっつ地点が普通にあるねん。

 

 

その、グレーとかってことの真偽とか善悪とか良否とかってハナシは個人で語るモンじゃないってことくらいわかりながら世界は回ってるとかって個人的にはそんなアホみたいな利口のフリとかしたりして。

全然オモシロくない。

 

 

例えば、グレーっつ地点はサラリーと独立の境界とかって齟齬みたいな忌まわしさとか何とか。

 

”カラダ一つあずけて、仕事場あって仕事あって給料約束されて目処立つんでしょ。ブラック、ってどの地点から眺めていう言葉なんだろか”

 

ある意味一方的なそんなことをもう少しふにゃふにゃと言ってしまったから、たぶんムスメちゃんはイマイチな感じであっただろうことだし、それって所詮わたしのアホさってことなんだと思う。

 

”仕事場作ってお客さん呼んで仕事振舞って売上げ立って目処立つんでしょ。とやかく言われることないけど理不尽嘆く余裕もないっつワケ”

 

どっちがいいと思う? なんてことは尋ねたらいけないと思ったから尋ねずにはいたのだけれども。

 

 

どっちが辛くても納得いかなくても、それは多分自分ばっかの事情でしかないねん。

その場所に目的からはみ出した悪意でもない限りはさ。

といった感じのことを言いたかったのかもしれないのだけれども、進路のハナシとかこれからいよいよ具体的になってくるからあまりエラそうなこといって格好つかなくなるのとかもヤバいなって思ってあまり上手いことは言えなかったそんなショボさとか。

 

 

一生懸命働いて、疲れて自分で死んでしまった人とか本当に気の毒なことだと思ったのです。

何で辞めなかったんだろ。

逃げなかったんだろ。

そんなこと、他人が簡単に言ったらいけないってことくらいわかるのだけれども。

 

 

グレーから眺めた景色だったんだろか、その人にとっての。

 

自分から眺めた辺りばっかを景色と呼ぶんだろか、みたいなことをたまに思うワケです。

多分その人は、ともあれ自分の立ち位置がせめてグレーな感じであってほしかったはずなんだってわたしなんかは思うワケで、そうでなければ繋ぎ止められないものって人間にはあるはずとさえ思うワケで、そうでなければ自分で自分を殺すほどの地点まで頑張れるハズはないワケだしそんなにまで人は愚鈍ではないと当たり前みたいに信じたいワケで。

 

依存とか。

 

怒られそうなことを思うワケです。

その人は、自分の立ち位置を自分から眺めた辺りばっかに求めるしかなかったんだろか。

こんなの馬鹿っぽいじゃん、って例えばそんな乱暴な自分ばっかを守る方法とかつまり、自分の内側とか、自分から自分辺り眺める景色みたいなものを自分に許せなかったんだろか。

頑張る、ってそういうことなんだろかって、この世の例えば貧弱とか窮屈とか、依存とか、言い方悪いかもしれないのだけれどもつまり、当たり前みたいにして自ら思いつきたがることしないとか端から諦めてるとか何なら見下してるとか、いざとなったら自分さえ殺しかねないモノばっかこそを当たり前にみたいに妄信したがるそうさせる不安みたいなものとかって一体なんなんだろなんて全く頓珍漢でしかないようなそれにしてもストレス的苛立ちを思いつかずにはいられないとかそんな感じ。

 

 

オリンピックもプロスポーツも、何だか変わってきてるってみんな思ってる近頃なんだとか。

日本人が常から重んじてきた根性とか精神とかってそんな潔癖なものが全く無意味なわけではないのだけれどもそればっかではどうにも叶わない何かもあるらしいってそんな感じのことがすっかり明らかになってきてしまったらしいって、多分素人でも気付きつつあるっていうか、大分明らかな感じとか。

 

好きだから頑張れるし目的がわかってるから頑張れる。

そこに根性論精神論がまるきり無意味なのかって言ったらそんなことないことくらいみんなわかってるんだけど、多分近頃見かけた痛々しい景色は例えば悪質なグレーって景色は、根性論精神論を絶対的エサにして好きって気持ちとかあるべき目的って意識を正々堂々と排除できる無謀なダンジョンの体を備えてるっぽい気がして仕方ない。

ものすごく日本人っぽい景色。

 

若いうちの苦労はお金を払ってでもしろ。

って昔の言葉らしいけど、やっぱさすが昔、ってトコもあるってことにしてもいい気がしちゃうトコってあるよなって。

 

全然間違ってないんだろうけど、妄信するのは言葉そのものばっかではないじゃんかっていう当たり前みたいなリテラシー

苦労するべき目的あっての気持ちあっての苦労。

そんなもん、散々するべきだってもちろん思うワケです。

 

良質なグレーがあることも知ってる気がしてるから、ムスメちゃんには十分な説明をしあぐねてしまったんだろか。

ごはん食べてたから、面倒なハナシも気が利いてないよなとかそんな気もしてしまったのだし。

 

目的について相互の正しい理解と調和があってそれに相当する意見や要求、思いやりなんかがあってこそ挑むべき課題や困難は然るべくあるべきであって、それに先んじてまずぶち当てられる課題や困難を乗り越えさせたがるそんな思い込みこそを期待したがる重んじる正当さみたいなものって、徐々に時代に削られ始めてるんだって時代の英雄に鼻で笑われかねない現代的思い付きなんかを嘯いたりするワケです。

 

 

 

何だか暗いんだよ、あんたの考えは。

気持ちはわかるんだけど、それ信じてるあんた、いまどんな顔つきでいるんだよ。

目的、楽しんでんのかよ。

余計なお世話だっつことくらいわかって言ってるっつの。

所詮あんた楽しそうじゃないじゃんか、そんな風にしか見えないよっつハナシしてんの。

 

 

って所詮イライラと、そんな場面につい近頃出会ってしまったんだなごく個人的にも。

やりたいことやってるはずなのに、やろうとして始めたことのはずなのに、それが大変だとか苦しいとか厳しいものだとかって決め付けて無論そうあるべきみたいな額面ぶら下げて、まったく当然みたいに深刻そうな顔見せびらかす人って何なんだろ。

気持ちは、それはわからないでもないんだけど、……なんかダセえなとか。

 

ヒドい言い草。

わかってるっつの。

 

 

様々なことに打ちのめされそうになることはほぼ日常なのだけれど、それをまんまと真に受けるのは違うだろ、と自分で自分を励ますしかないわたしはほとんど本能染みて図々しく思いついてばっかのたとえ薄っぺらかろうが見栄臭かろうが仕方ない自分ばっかの率直な感想と思い付きを信じまくってやろうと、そんなたくましさばっかを誇っていい嘘でも信じていい、そんなお年頃に至ってしまった自分を覚悟そのものみたいな感じに落とし込んでやろうと、日々もだえ苦しむわけですアホですよわかってますって。

 

 

目的わかってんのかよ、と。

 

 

グレーって、どっち向きなんだよ、と。

 

古臭えなあ、って面倒臭くなる。

 

 

 

見失いやすいってことだってわかってるし、上手いこといかないばっかだっつこともほぼ日常。

だからってそれで利口みたいに諦めたがってどうする。

みたいな青臭さ丸出しでもって、”目的は何だっ” ってもうしばらくは生意気な気持ちで嫌われることさえ恐れずにいたいって、何かに憧れるみたいに自分励ますんです。

 

楽しくないならやめちまえ。

 

そういう生意気な正義を今しばらくは妄信していたいわけです。

 

 

 

目的は何だ。