ONEonONEヘアサロン suffcuts の bosscuts のブログ

長野県東御市にあるDO-S&ハナヘナ専門ぼっち&おしゃべり&おせっかいヘアサロン ・ 人生、恋愛、歴史、経済、宗教なんでもござれダメージヘアを語る隙間にアナタのその日のキモチさえケアしてしまうよと豪語してはばからない恥知らず似非心理マジシャン(自称)スタイリストbosscuts の販促ではないでも集客目的ではあるのかもしれない本気かよ、ってつまりごく個人的欲求の吐き捨て場へようこそ ・ No! Treatment! がモットーだからツヤツヤサラサラとか馬鹿なことは言いませんから

反転式社会

早朝と深夜が大変よく似ている、という有り様についてその証明となるもの。

 

”テレビショッピングうんちゃら”

 

アレって、幅利かせる時間帯とか観る者のバイオリズムとか要するに ”あるべき感じ” みたいなものをばっさりとうっちゃって目的にばっか向きたがる異様に積極的みたいな気合ばっかが一様に共通していてものすごく明るいのに嘘くさいですよねアレ何なんだ。

商品が嘘くさいっつってんじゃなくて差し向け方が求愛行動晒しまくる野生のなんとかっつ鳥とか髣髴させて観てるこっちのが気恥ずかしくなるとかそんな感じのこと言ってるだけだから勘違いすんな。

 

”自信をもってオススメします!”

 

って自信あるのになんでそんなにおしゃべりなんだよ額の汗ふけよお疲れさんだなぁ、って普通に思ったり。

だって、お仕事だもの。

 

わかってるっつうの。

 

 

こんな時代ですもの、この世に溢れるモノもの物たちなんて揃いもそろってみんな優秀。

アレもこれもみんなそう、大体のテンプレートは出来ちゃってるからクオリティなんてこと言い出したらみんなそれぞれにそこそこに優秀に出来てんだな。

嘘ホントとかそのへんのことは置いておくとして。

 

だから、おしゃべりでもしとかないとそんな大渋滞から抜け出せないっつわけか。

 

自信なきゃ立派なことなんか言えない。

建前なきゃ嘘もつけない。

 

いろんなおしゃべり聞かされて見せびらかされてそそのかされて、でも所詮決定すんのは散々刷り込まれた消費者一個人の価値観なワケで、だからわたしは異様におしゃべりな早朝だったり深夜だったりする画面の中の人たちをこき下ろすつもりなんかこれっぽっちもないんであって、むしろその営業努力宣伝力にいたく感心を表さないでもないんだな。

好きじゃないだけ、っつ単純な人間心理とかも忘れんなとは言っとくけど。

 

 

そんなおしゃべりに期待したがるアホどもこそムカつく。

いけね、本音がぽろり。

 

 

”これがイイ” っていうのは率直な情報なんだろうけれども、何をもって ”イイ” とするのか、例えばそんな所詮馬鹿っぽい感じでもってこの世の経済はって言ったらずいぶん大げさになっちゃいそうだから早朝とか深夜とかの購買意欲はとか言っとこうかな、つまりそんな魅力とか意欲とか興味とかっつものは成り立ってんだな循環してんだな多分。

 

所詮だらしなかっただけの怠け者のデブがヘンテコでお節介なだけのベルト巻いて一週間で激ヤセとか。

人として順調に衰えゆくものが、サメの油だとかヘンな木の実だとかって例えばそんなものをポイポイと飲み込んでこればっかでおかげさまで毎日元気ですとか。

別にそれで満足ならいいんだけども。

 

 

早寝早起き一日三食適度な運動快眠快便円滑なコミュニケーションゆとりの静寂。

 

古来からの人間の当たり前の暮らしどこいった。

お節介なベルトもヘンテコなおクスリも所詮タイムマシーンの嗤いものだっつの。

 

 

”効果的”

 

すっかり嘘クセェ言葉になり果てたもんです。

基準値の4割にも満たない毒物に目くじら立てることが正義なら、大して繊維なんてもの含まれていないもん基準に一粒で三百個分とかって息巻いても全然嘘じゃないっつことなのかな。

効果的、って言われたらなんもかんも有難いかよ欲しがりっつのはそういうことかよと。

 

 

いつも何にそんなに腹立ててるのか自分でもイマイチわかんないんですけどつまり、退屈なんだよアホか、みたいな気持ち誤魔化せなくてイライラしてんのかな。

ヘンなバッチみたいの付けてポケモンいるの教えてくれて便利だし危なくないとかお前の脳みそこそがポケモンだっつの被洗脳属性の依存型無思考ポケモンだっつのイラつくまんまとマヌケに進化しやがってお前らバイオハザードの檻の中でうろうろしてる役立たずのクソゾンビにしか見えないじゃんか真夜中の公園うろついてるヒマあったら明日のための快眠蓄えなさいっつの深夜の垂れ流しとかアホかと思う。

 

 

ああ何てひどい言い草。

 

 

だからって、刷り込まれた結果の価値ってものがそんなものであって個人であって価値観なんだってことなら、わたしなんか永遠に意欲的にはみ出し続けてやるって思うしか頑なに誓うしかなくなっちゃうなと全然惜しくないなと。

何とかっつスマホゲームに何十万も課金してる人とか知らないでもないですけど、関わらない人間からしたらある意味パチンコよりタチ悪い気がする。

そんなモンを価値みたいに売りつけてITだとかベンチャーだとかって、公然の人生詐欺みたいなもんだと思うオレオレ詐欺とかそんなモンばっかをやくざに捉えるのはいいけど、悪意を感じさせないだけ何チャラしたもんとかのタチの悪さも少しは気にしてみたほうがいいと思うってそりゃ言い過ぎかよと。

 

 

近頃意識的にスマホとかを自分の手元から遠ざけることを心掛けているんですけど、そんなことだけで何となくムスメちゃんとの会話が増えたり一緒に映画を観たりとか、要するに便利とかヒマツブシとかってお節介な個みたいなものがするするとユルんでいく感じがしてつまり、時間ってことを思ったりそんなもんに詰め込める必要なものとかそんなことさえ思うワケで、時に面倒臭く感じることさえ所詮そんな時ばっかのことでしかないっていう冷静な判断だったりそれこそ価値とか大切さみたいなものをいよいよでも自覚したくなったりするもんかよって満更でもない気がしないでもないんです。

 

 

あるべきもの、本当に必要なもの、当たり前のものとか、そういうもんって多分いちいち手間の掛かるもの、辛抱の要求されるものだって個人的には思ってんです。

だからこそ手に入れる価値も意味もあるんだって思いたいわけです。

 

 

効果的、簡単、気軽、これだけで。

 

 

そんな理由ばっかで手に入れたがるものにどれだけの価値があるんだか。

そういう疑いを面倒臭さを常に抱えていたいって個人的には思ってます。

気軽に手に入れられるもの、そんな気になれるものに満たされたつもりでいる先に待ち受けているのであろうそんな想像に期待が持てません。

魅力を思いつけません。

 

目の前にある価値を疑うことこそがこの先に必要な価値観だとかってことまでは言いすぎなのかもしれないけど、この世は便利そうなフリをしてまんまとマヌケに鈍感に引きずり落とされる気がして仕方ない。

それは単位の大きなカテゴリーこそに顕著なことなのかもしれなくて、砂糖に集るアリの群衆みたいな有り様を手を変え品を変え繰り返しているばかりの鈍さっていう最低な平和の有り様なんだって例えばはみ出したがりみたいな馬鹿は思ったりするのかもとか。

 

効果的であって、使用実感が明らかで、そんなこんなのわかりやすさこそを満足と呼びたがるくせに次から次へと。

 

ポケモンっつのはこの世の人々の願望みたいなモンなんだろか。

全然好きになれない感じ、わたしなんか全然納得ですよそんなことならさ。

 

 

相変わらず面倒臭くてすまんなー。