ONEonONEヘアサロン suffcuts の bosscuts のブログ

長野県東御市にあるDO-S&ハナヘナ専門ぼっち&おしゃべり&おせっかいヘアサロン ・ 人生、恋愛、歴史、経済、宗教なんでもござれダメージヘアを語る隙間にアナタのその日のキモチさえケアしてしまうよと豪語してはばからない恥知らず似非心理マジシャン(自称)スタイリストbosscuts の販促ではないでも集客目的ではあるのかもしれない本気かよ、ってつまりごく個人的欲求の吐き捨て場へようこそ ・ No! Treatment! がモットーだからツヤツヤサラサラとか馬鹿なことは言いませんから

コンプレックス主義?

髪の毛は所詮髪の毛でしかないですから、髪のために出来ることなんか所詮限られてるっていうか、当たり前みたいなことばっか、決まりきったことばっかじゃんかやっぱりさ、って。

 

あまり勉強は好きではないんですけど、気になったら気になるタチ。

なんだそりゃ。

 

あんまりみんながつるつるサラサラ好きすぎるもんだから世の中に多すぎるもんだから、それにしても何だか納得のいくもの納得のいくつるつるサラサラも世間にはもしかしたらあるんじゃないのかって、希望を込めてグーグル先生とかにも聞いてみたわけですよそれにしても。

 

 

”髪質改善” とか ”ヘアエステ” とか ”エステパーマ”とかまあ、よりどりみどり。

そんなのに限って営業コンサルとかまで首つっ込んでる感じとかすっごいありがちでつまり、よくできてんなあ、みたいなやつばっか。

無料講習とか申し込んじゃおうかと思ったもの。

 

でもほんと、そのくらい魅力的なんだもの。

つるつるサラサラらしいんだもの。

 

 

”明らかな効果”、”ホームケアのオススメ”、”再店周期の提案のしやすさ”

 

ビジネスモデルとしてもすごく優秀で、客単価アップ、来店周期の短縮、顧客化、つまり要するに思いのままってビジネスモデル。

 

 

 

……あれ? むかしそんなの誘われたことなかったっけか。

接客の仕方とか店販の薦め方までレクチャーされて店ではスーツ着ろとかまで指図されて色々メニューあるフリして中身はぜんぶ一緒みたいなやつ。

パーマ液にトリートメントぶっ込んでフタして終わり、みたいなやつ。

つやつやでしょ? サラサラでしょ? やればやるほどキレイになるよ。

 

みたいなやつ。

 

 

 

信じたかったさ。そりゃあさ。

儲かるよ? なんて言われちまった日にはさ。

 

 

……一日でパーマ取れなきゃね。

 

 

 

重いんだもの、ぼってりと。髪が。

そりゃそうだ、トリートメント混ぜ込んでんだもの、パーマ液に。

それもけっこうこってりしたやつとか。

しかもいちいち自分で混ぜんの。

確信犯? それは言いすぎかゴメン。

 

 

皆さんは思うんだよね、”パーマ液にもトリートメント入ってるなんて、何か良さそうじゃんか、髪、傷まなそうじゃんか優しそうじゃんか” ってさ。

 

 

 

”トリートメントは髪を傷めます!” って散々言ってんですこちとら。

 

トリートメントで髪が治るなんて、残念ですが幻想です。

ご愁傷様でした。

つるつるサラサラのあなたの髪、それってあなたの髪の感触なんかじゃなくてトリートメントの感触ですから。

プラスチック撫でて喜んでるようなもんですから。

 

 

とほほ。

パーマ液にトリートメント。

おっかねえな。

 

タンパク質の結合解いてカタチ変えるのに、トリートメントで傷めないようにするって何かおかしくないですか?

目的に逆らってないですか?

わかりますか?

パーマ液に余計なもの混ざってると、邪魔するんです。

パーマっていう仕組みとか目的そのものを。

 

結合を解く(還元っていいます)邪魔をするから、強い薬を使わなければならなくなる。優しいおクスリで時間掛ける。どっちもそんなに変わらないでしょ。

 

解いた結合を戻す(酸化っていいます)のも邪魔する。

余計なモンが結合の邪魔をするからパーマがダレる。ユルむ。

 

 

余計なモンの手触りやツヤでキレイになったでしょって曖昧なもん見せびらかして、ぼろ出るのイヤだから出来るだけ早めに予約入れさせる。

ボロが出なければつまり ”やればやるほど” ってそんな感じが突き通せる仕組みらしいんだけど、残念ですよね、髪の毛は所詮髪の毛でしかないですもん。

 

所詮、ダメージしてしまうんです。

 

 

トリートメントで塗り固められたあなたの髪。

それって、時限爆弾みたいなものかもですよ。

 

 

トレンドカラーとかってキラキラにされてトリートメントで塗り固められてその正体を知らないのはあなただけ。

この次はパーマいきましょうか低温デジパーでぷるっぷるな感じでさ。とか。

 

なんつって実は髪の毛はすでに限界目前、運悪ければ今は亡きサイババの再降臨ですよあなたによる。

 

 

 

ちょっとふざけすぎたー。

 

 

 

色々魅力的っぽいやつ調べてみましたー。

何使ってんのか調べれば何やってんのかくらいそりゃ想像つくじゃんね。

 

”今日その場で手に入ったんだからいいじゃんさ、キレイになったでしょ?

だからそのまんまでいこうよ、この次も早めに来てよね。

あ、それとそれとコレ、おウチで使うの忘れないでよね。

この次来るまでキレイが長持ちするからさ”

 

 

……長持ち?

 

 

傷んだ髪、治るんじゃなかったのかよ。

髪質改善じゃなかったのかよ。

 

 

 

みたいな感じはまあよくあるっぽいよ、ってそんな確認の日。

知ってたけど。

 

 

カラーはメラニンぶっ壊すからこそ色になる。

パーマは還元と酸化って髪へのダメージを負うことでカタチになる。

 

傷むのはイヤさ当たり前。

傷むけどなるべく傷ませない手段を学ぶ考える実践するのはわたしたちの仕事だけれど、カラーしたいけどパーマしたいけど髪傷むのは絶対イヤなんてのはただわがままなだけの願望でしかないと思う。

知らなすぎだと思う。

 

現代の共通スキル。リテラシー

 

ニーズと現実は必ずしも呼応できるばっかの関係ではないです残念ながら。

わたしたちはそんなニーズにより寄り添ったものを実現したくて勉強してんです。

今現在の目一杯を目指して頑張るんです。

だからこそ、嘘はつけない。つきたくない。

盲目的な要求は向上の鍵なのかもしれないけれど、知ろうとしないことは単なる怠慢、あるいは面倒臭がりっていうおもねりに過ぎない気がする。

 

 

欲しがるって、どういうことだろう?

 

 

お互い様でもって堂々と実現出来る仕事をしたいと、常から思うのです。