読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ONEonONEヘアサロン suffcuts の bosscuts のブログ

長野県東御市にあるDO-S&ハナヘナ専門ぼっち&おしゃべり&おせっかいヘアサロン ・ 人生、恋愛、歴史、経済、宗教なんでもござれダメージヘアを語る隙間にアナタのその日のキモチさえケアしてしまうよと豪語してはばからない恥知らず似非心理マジシャン(自称)スタイリストbosscuts の販促ではないでも集客目的ではあるのかもしれない本気かよ、ってつまりごく個人的欲求の吐き捨て場へようこそ ・ No! Treatment! がモットーだからツヤツヤサラサラとか馬鹿なことは言いませんから

かわりモノ

わたしんちでは絶対的な信頼をもってこればっかでお仕事させてもらってます。

 

コレな

f:id:suffcuts:20160517150556p:plain

DO-S シャンプー&トリートメント

 

一部にはコレをクソほど馬鹿にしてる方々おられます。

世間ではよくあることですから気にすんな。

 

 

あんまり宣伝しないしわかりづらいものでもあるから買ってくれる人愛用してくれる人はまだまだ少ない少ない。もったいねーな。

でも根気よく使ってくれてる人はまちがいなく髪が正しく整ってきてる。

本当に嬉しい。

 

 

だからって……

こんなんには絶対なんないですけどね。

っていうかこれってホントに人間かよ?! なんて相変わらず口悪いです。

タカ〇トミーかよっ ス〇ーエムかよっ ってもういっか。

 

 

”バービーに憧れてんです”

とかYoutube観すぎみたいなこと言う人はおっかないからウチには来ないで下さい扱い方わかんない。

 

髪なんて今日明日でどうにかなるようなモンじゃねーぞー。

 

 

 

髪の毛や体型やってつまり見てくれに関わる問題やら欲求ってそのほとんどはつまりコンプレックス、気に食わねんだよ自分の持ち物がよっ、って苛立ちにも似た嘆きに違いないわけで、だからこそバービーになりたがるそんな欲求もわかんないじゃないですし、それをたとえどんな手を使ったにしても束の間かなえてくれる人はバービーになりたい人からしたらきっと神サマみたいなもんに違いなかろう、と。

 

 

いいよな、神サマは叱られないもんな。

 

……神サマでいられるうちはなー。

 

 

 

バービー期待されながらする仕事なんてまっぴらゴメンじゃんかそんなもん。

色々ぬたくってもらってぶっかけてもらって何ならアイロンでじゅうじゅうとかぶるぶるとか、要するに何だかいつもよか余分なことしてもらったらきっとそれって最高なんだろなって気持ちはわからんでもないさ、やってるほうも何だかスゲエことしてるみたいな気分になんだろな万能感ハンパねんだろなって、そりゃ人間だもの無邪気だものみんな立派になりたいのさ格好つけたいのさそんな万能さにこそ憧れんのさもちろんわたしだって格好良くなりたいって絶対的素直すぎる告白すみません。

 

でもわたしは神サマなんかじゃないんだな、何なら神サマに嫌われてたりすんだな、だから尚更ゴマっぽいことしてりゃソッコーぶっ叩かれちまう。

だから、ウチではバービーになんかなれないですよ。

セレブなんちゃらとかそういうんのもないですよ。

 

 

 

気持ち悪くてそんなこと出来るかよってんだ。

何て言いながら実は叱られるのが怖いだけとか叱られるのは神サマなんかじゃなくてお客さんにこそでしょとかそうですわたしは所詮ヘタレですしクソですから案外割りきりとか苦手でもないもんなんでこんな感じ。

 

 

 

お店の名前変えようか、と。

思案中。

 

suffcuts は suff と cut の合体したつまり身勝手造語なんでしたけれども何だろ? おかげさまでオープンから三年が経ちまして当初の志からまあずいぶんとまた何かが違ってきちまったとか自分ではちゃんと前進んでるつもりだとかってつまり、いろいろ噛み合わなくなってきちまった、なんてついぞ考えることが多くなってきてしまったとかなんとか。

 

つまり要するには何かダサくてイヤになってきたとかそんな感じ。

最初から素直にそう言えってんだアホかと。

ヘンクツかと。

 

 

わたしが所詮わたしでしかないこと抜きにしてこの先にわたしの居場所なんかあるわけねーな、とかそんなこと。

格好つけたこと言ったなら存在価値とかつまり、それってみなさんにとってのわたし、とかそんな自惚れたもんなんかでは全然なくて、どっちかったらわたしなんか所詮こんなもんでしかないんですけどどうなんですかね、だからって四の五の聞く耳持つ気もないんだな困ったもんだ、だからってそれにしたってわたしなんかお客さんのおかげばっかで自分ばっかで踏ん張ってんだから格好つけにゃならんでしょ見せびらかさにゃならんでしょ格好ばっかの格好なんかつけてられるかよ、ってつまりそんなんでもよかったら来てくれる人だけ来てよね長いお付き合いしようよねその為ならちゃんと出来ることばっかやってやらあ恥ずかしくない生き方してやらあつまり誰かに叱られる前に自分ばっかくらい自分で説教してやるぜ、ってそんな面白さ快適さでもって勝手にちゃんと受け入れてもらえるような場所を作って生きたいって思ってんです所詮勝手にしか生きられん、っていうかもはやわたしなんか社会単位で言ったならゴミ屑同然クソ同然いっそのこと清々しいほどじゃんか、って情けない。

 

見栄も窮屈もごめんだ。

やりたいことがどうかあるべき正義を踏み外したものでありませんように。

 

 

ホントの神サマわたしを叱らないで。

これでも真面目なつもりなんですから。