ONEonONEヘアサロン suffcuts の bosscuts のブログ

長野県東御市にあるDO-S&ハナヘナ専門ぼっち&おしゃべり&おせっかいヘアサロン ・ 人生、恋愛、歴史、経済、宗教なんでもござれダメージヘアを語る隙間にアナタのその日のキモチさえケアしてしまうよと豪語してはばからない恥知らず似非心理マジシャン(自称)スタイリストbosscuts の販促ではないでも集客目的ではあるのかもしれない本気かよ、ってつまりごく個人的欲求の吐き捨て場へようこそ ・ No! Treatment! がモットーだからツヤツヤサラサラとか馬鹿なことは言いませんから

見えるもんなんてエサ

ぶっ飛んでる人、発見。

結構いまさらっぽいらしいんですけども……。

 

zasshi.news.yahoo.co.jp

結構炎上芸炸裂させてる人らしいです。

 

言ってること全然正しいことばっかではなさそうですけど、憚る気全然ない感じが清々しい。

食べ残すことについて、命って単一視点で所詮論ぶっちゃうのはむしろ思考の放棄とか、もっと簡単に言ったらただの面倒くさがりとか乱暴もの、みたいな印象さえ思いついてしまうんですけど、多分そんな感じこそがそもそも芯食ってないって怒られそう。

つまり、”退屈かよアホか” みたいな。

 

あくまでも個人的、でもちゃんと論理的。

ただのわがまま、と言われかねないとこがむしろ戦略的で可愛い。逞しい。

一人の主張が二人分の現象に化けて、なんだか小説的だしサービス精神感じるし。

面白いってなんだ? みたいな本能的挑戦感じるし。

 

 

さらに古いらしいけどコレ。

下田美咲とはあちゅうの炎上女王対談の記事書き起こし - ログミー

 

ゲスいハナシばっかですけど、なに気に引き出し上手みたいなはあちゅうさんの女子力の高さ黒さも結構秀逸。

 

 

正しいか、間違ってるのか、って例えばそんな二元論とかとっくに通用しなくなってるっていうか、なんならそんなものを隠れ蓑にした企みとか威力そのものとか、要するに ”気付いたモン勝ち” みたいな価値ってこれからぐんぐん色味を増してくるんじゃないのかなー、と個人的な期待。

 

メディアリテラシーとか言うらしいんですけど(最近覚えた。恥)、炎上とかってまさにリテラシーの方向音痴っていうか、何なら思う壺とか、所詮巻き込まれてばっかのエサの氾濫、所詮乗り遅れてるノリ間違えてる鈍感モノの無邪気な有り様でしかないんじゃなかろうかと。

そんな有り様を ”大衆” とか呼んでしまうなら、商売人としては実に苦しいこと不本意なことではありますな、と。

 

ドランク鈴木さんはすっかり知り尽くしてるんでしょうけど今更そんなこと。

 

 

 

面白いって何だ?

それは商売だってまるきり無関係なんかじゃない、と思うわけです。