読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ONEonONEヘアサロン suffcuts の bosscuts のブログ

長野県東御市にあるDO-S&ハナヘナ専門ぼっち&おしゃべり&おせっかいヘアサロン ・ 人生、恋愛、歴史、経済、宗教なんでもござれダメージヘアを語る隙間にアナタのその日のキモチさえケアしてしまうよと豪語してはばからない恥知らず似非心理マジシャン(自称)スタイリストbosscuts の販促ではないでも集客目的ではあるのかもしれない本気かよ、ってつまりごく個人的欲求の吐き捨て場へようこそ ・ No! Treatment! がモットーだからツヤツヤサラサラとか馬鹿なことは言いませんから

おそまつ

半日寝倒す。またしても。

 

歳のせいでしょうか。肝機能、オチてきたんでしょうか。

晩酌に350mlのなんちゃってビール(あえて名を秘す)を2本ばっかし飲んだだけなのに、明け方の薄闇の中、軟弱な頭痛にすっかり呼び起こされてしまったワケです。

 

今日は休日だぜ、ざまみろ。

 

って誰に向けてなのかちっともわからない横柄な油断をむさぼることさえ許されない何とも愚かな目覚め。

ジジイかよ、と。

 

結果の無口な朝っていう今朝のこと。

ZIP(ウチはZIP派)の桝くんの知的で爽やかな仕切りも台無しっていう無口な朝。

起き抜けにEVE A錠(歴25年超)を水なしで嚥下するめんどくさな朝。

年頃のムスメちゃんはそんなシャクレたわたしの気配をスルドく面倒臭く嗅ぎつけて、それにしても緊張でキリリと頰を引き締めながら「おはよう」と。

 

「うむ」

 

なんだそりゃ、って我ながら。

そんな"何様的"朝。

めんどくさ。

 

 

からの半日寝倒す。

"今日、なんもしねえ"なんて堂々と感じ悪い決意のもと、何とかムスメちゃんにこころばかしの朝食をあてがい、ヘトヘトな気分で学校まで送り届け、いけね今日ってばプラゴミの日じゃんかめんどくさ、ってほとんどプチギレ状態でゴミを放り出して、考える。

 

"絶対、なんもしねえ"

 

休みの朝10時っていうと設楽くんとか山崎さんとかがごちゃごちゃしてくれてると何となく気がまぎれるのよね、ってつまりテレビつけっぱなしがデフォのわたしが何でかさっさとスイッチオフ。

少しずつ治り始めたらしい頭痛をみすみす呼び起こす覚悟でもってなんちゃってビールのプルタブを引き起こす。

深爪気味の指先がイタイけど気にすんな、ってそんな感じでもって。

 

窓外に広がる(それほどでもない)始まったばかりの朝の景色を他人事みたいに見下ろしながら(在住小諸は平らなトコなんてない辺境の地だから国道端のわたしんちでさえ見晴らしがいい。大した景色ではない)ゴクゴク。

 

「ねる」

 

愛猫コマさんもびっくりですよ。

わたくし自身もびっくり起きたら14時前ですもの、アホかと。

 

"うーむ、何だかよくわかんないけど何かに申し訳ないぞ、なんだこの気持ちは"

 

そんなアホな目覚め。

けれど意外に気分はスッキリ。我ながら勝手なものだまいった。

 

 

晩御飯の買い物にいそいそとツルヤに向かう。

その道すがらにあるしまむらさんに向けて突如ハンドルを切る。

何故だかさっぱりわからんけれども田舎もんにはありがちな景色とか。

だからってなんてこった、パンツもくつ下もこの前買ったばっかじゃんか何なのオレ、ってそんな困惑はまるきりはっきりと自分の中で明らかなのだけれども何でかわたしの足は順調にしまむらさん店内へと向かってるんだな。

マダムばっかや。それがどうした気にすんな。そんな感じ。

 

しまむらさんって、所詮ヤバいじゃんかって前提でもってそれひた隠しにしながら偶然みたいな宝探しするみたいなありがたさじゃないですか、所詮便利なときあるじゃんか、ってそんな感じ。

ところがどっこい(何語?)近頃のわたしんちなんかにおきましてはしまむらさんときたら"おそ松さんオフィシャルショップ"と化しておりまして。

アホか、と。

 

通路の先、真正面の壁面にさっそく発見 ニート6人兄弟。

何がそんなに魅力的なのか、正直さっぱりわからん。

でも探してしまうんだな、"から松じゃないんだよ十四松でもないんだよ、ウチのムスメちゃんはおそ松兄さんクラスタだからよさっさと出て来い兄さん"みたいな。

 

ありましたよね、色々。ダサいやつ。

Tシャツとかだいたい¥1,500とかそのくらい。高いんだか安いんだかはっきり言って微妙。

興味ないですもん、所詮。

JKがコレ嬉しがるとかってどうなの? って冷静さもさることながらちょっと待てオレ、って。

平日の昼下がり、しまむらさんでおそ松兄さんと対峙するおっさん。

 

……ヤバいのって、どっちですか?

 

 

突然ちべたくなりましたよね。

"コレ買うの、超はずかしいっ"

 

そりゃそうだ、気付くの遅いっつの。

 

だからって。

所詮どうかしてたのかもよ、って今日のわたしってば。

単純につまんなかっただけ、とか。アホか。

 

"乗り越えてみようか。こんな恥ずかしさこそ"

 

アホかと。

でも思いついちゃったらもう、やるしかない。買うしかないっ。アホだから。

レジのマダムにアホと思われるかもしんない。

ヤバいおっさんと思われるかしんない。

 

アホか、自意識過剰だっつの。

 

いや、それにしてもやっぱ恥ずかしいだっておっさんだものヤバいもの。

すっげ普通過ぎる煩悶懊悩 in しまむらさん。

アホか。

 

でも何だか楽しくなってきてしまってそんな15分ないし20分(なんだかんだで長居)

その結果。

 

 

 

 

えいっ

 

f:id:suffcuts:20160509182317j:plain

コレ買った。

 

 

 

アホかブレ過ぎ。

いや、ブレてんだか所詮そのテじゃんかとかもうよくわかんない。

つまりムスメちゃんが反応しがちなものにまんまと反応してしまったったいうシンプルなアホさ。

 

 

ムスメちゃんたら、この前クラスの男の子から告白されたんだとか。

マジかアンタもちゃんと女の子扱いかよびっくりしちゃうな何だかこっちのが恥ずかしいの何でだろ? とはさすがに言えなかったけど、若干キモいな、くらいのことは思いますよねそりゃ。

そしたっけムスメちゃんときたらば……

 

「アタシ、"二次元しか興味ないからマジ無理" って言ってやった」 って。

 

マジか、と。

 

 

Tシャツ.部活んときとかに着たら魔除けっぽくていいじゃん、くらいのつもりだったんだけど、ヤバいかしら。

ムスメちゃんは多分シャレとしてただ笑うだけに違いない。

白もあったけど、黒を選んだのは所詮親心なんだぜわかってんのかよ二次元脳がよ、なんて。

 

時代は刻々と進んでんだな。

おもろいもんだな、と。

 

しまむらさんにて、ああそうか、わたしはどうでもいい不機嫌を逃したかっただけかよ、って気付いたアホな休日。