ONEonONEヘアサロン suffcuts の bosscuts のブログ

長野県東御市にあるDO-S&ハナヘナ専門ぼっち&おしゃべり&おせっかいヘアサロン ・ 人生、恋愛、歴史、経済、宗教なんでもござれダメージヘアを語る隙間にアナタのその日のキモチさえケアしてしまうよと豪語してはばからない恥知らず似非心理マジシャン(自称)スタイリストbosscuts の販促ではないでも集客目的ではあるのかもしれない本気かよ、ってつまりごく個人的欲求の吐き捨て場へようこそ ・ No! Treatment! がモットーだからツヤツヤサラサラとか馬鹿なことは言いませんから

ごあんない

*****************************************************************************************************

夜更けのサロン ”現地時間拘束下” は開店時刻不定です

twitter ID @yofukee にて随時告知(概ねサボりがち)いたしておりますので、基本的にはフォローしない方向で検索にてご確認いただけたら全然OKです

夕方 ~ 最終受付21時(田舎では夜更け)までだからお仕事帰りでも余裕です

土曜、日曜は朝10時より営業してます

”ツルツルサラサラ” とかアホみたいな商売はやってません

LINEからお問い合わせ・ご予約ください(twitter からでもOK) 

 友だち追加

*****************************************************************************************************

 

続きはコチラなんですよ。

yofukee.hatenablog.com

お出掛け下さいませ m(_ _)m

 

さよなら太陽よろしく月明かり

半月以上更新を怠けてしまいました。

とはいうものの、ツイッターにて ”ブログ鋭意停止中” とちゃんと告白していたのでつまり、そういうつもりでいたことなのでした。

 

 

12月。

しかももう一週間過ぎちゃう。

ただただ、12月。

何も変わりやしないのです。

そうです。わかってしまったのです。

 

 

もうヤメだ、と。

 

 

 

 

 

ご報告ー。

 

 

《suffcuts 終了いたします》

 

 

イヤになっちゃったので、やめます。

長らくのご愛顧いただきました皆みなさま、本当にありがとうございました。

優しくしていただいて嬉しかったです。

仲良くして下さって嬉しかったです。

どうも有難うございました m(_ _)m

開業より苦節11年、何なら生まれてからこっち苦労ばっかっていうか、苦労しかありませんでしたよ、って自分で言うかと。

いいえ、カナシミとかでさえそうだったっつの。

 

 

イヤになっちゃいました。

お金無いし。

思想だらけだし。

最近キモいってさ。

うるせえな。

 

 

 

クソみたいな11月から何となく思ってはいたのです。

でも、12月さえ所詮クソなのですな。

つまんなくてやってらんないです。

つまり、つまんないのはワタシ自身なのでした。

わかってるっつの。

 

 

つまんなくてスミマセンでした m(__)m

 

 

 

 

なんて。

 

でも、考え出したら早いですよ、わたくし。

 

 

なんと、

 

就職してしまいました。(ハケーン T^T)

当たり前じゃん髪切るしか能ないおっさんだもの。

同業種は所詮諍いの元になるだけだからイヤやねん。

 

 

とにかくですね、ヤメ。店で働くの。

儲かんないからヤメ。

やってられっか、ってコトです文句あっか。

墜落はなはだしいって?

そういうこと言うと自殺するからな覚悟しろ。

 

 

ウソですスミマセン生意気言って。

 

 

 

これからは、バイ です。

 

 

自分の店で、バイ。アホかと。

バイト って、アルバイトのコトね、って知ってるっつうのお前歳いくつだ昭和かよアホか。

 

 

昭和だっつの。

 

 

 

宙ぶらり~ん(泣

 

 

 

 

 

命名 《現地時間拘束下》

 

名前変えるって前から言ってたじゃないですか、つまりそんな感じっつことです。

ホントはもっと違う感じのはずだったんだけど、こうなりました。

中目黒高架下パクった感ありありなんですけど気にすんな、わたしってばずいぶん前からツイッターで《中目黒高架下名前かっけー》って呟いてます(裏アカ)から現行犯回避ですよ先回り確信犯だっつの。

パクリはパクリに違いないんだけども。わかってるっつうの。

もう間に合わないから年末年始休業に入ったら看板真っ黒に塗りたくってやるさちょっと雑な感じなくらいでもってさ。

ざまみろポンコツ屋号さっさとおサラバだっつの。

 

 

……って最低だなあ。

 

 

 

だからって、所詮ぽつぽつと変えてゆく所存でありますよ。

まずは何より営業時間。

 

どうも有難うございました。

本日をもちまして、これまでの通常営業をキレイさっぱり終了いたします。

今後はよりリベラルに、《現地時間拘束下》という条件に基づきましてだからこそのよりリベラル、つまり、平日の昼間なんてやってられっか といったこととなります。

 

どうもスミマセンです。

ご不便をお掛けいたします……なんてことならそのまんまやってるっつうの。

来ないからやめるんじゃんかアンタのせいお前のせいって全部自分のせいだっつのわかってるっつうのゴメンだってばさ。

所詮ウチなんてショボいですから、平日の働きなんて高知れてんです。

だからってマゾじゃあるまいし、もうやってらんないです正直死にますってばボランティアでやってんじゃないっつの安心してバンドとかやりたいんだっつのいい歳こいてさアホか。

その代わりウソとかも言ってないからね、わかってんだろなー。

”つるつるサラサラとか死ね” ってこちとらずっと言い続けんてんだっつのこんな商売アホばっかつまり世間こそ……いえ、何でもないです。

 

 

 

平日の営業時間は夕方~23時まで(最終受付21時 不定休) 

”夕方” ってトコがミソなわけです。

つまり、《現地時間拘束下》ってそういうこと。

だって何時にお店に来れるかわかんないんだもの。

だいたい遅くても19時には開けるけどもさ、よくわからん。

 

なので。

ツイッター(@yofukee) にて日々告知してまいります。

”只今開店いたしました!” 的な。

”今日、やってます!” 的な。

”お時間に余裕ございます!” 的な。ってそれはやめとこっかショボいし。

……多分潰れんなこりゃ。

 

 

まいっか。

ご確認の上お問い合わせ、お出掛けいただけましたら幸いです。

プライベートタイムの有効活用にどうぞお役立て下さい。

”夜更けのサロン”

何卒よろしくお願いいたします m(_ _)m

 

もちろんLINEも継続どころか推奨してますよ。

電話よりLINE推奨でお願いできたら嬉しいです、ってお願いばっか。

 

友だち追加

 

アカウント変更せねばなー。

めんどいのー。

 

 

 

 

土日はこれまで通りフツウにやってます。

10時から。

宜しくおねがいいたします m(_ _)m

 

 

 

 

と、いうわけで。

suffcuts ひとまず終了いたします。

ありがとうございました。

そして、パラレルワールドに突入いたします。

現代的ではありませんか。

何者でもないワタシ、目指します。

なんて。

 

 

 

所詮そんなモンです。

頑張りますのでどうぞお変わりのないお付き合いの程、これからも何卒宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

年末だというのに。

ワケわからん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不向きってことなの

”毒親判定” 的なヤツをネットで今更見かけて、ただいま若干情緒不安定であるらしき自覚らしきこそを全く誤魔化しきれないが故の情緒不安定がさせたんでしょうかそんなモノばっか積極的に ”おためし” してしまいまして何せパーソナルデータ入力不要とかもっぱらのカジュアルさだったものですから当たり前ですよね、早速やってしまったワケです説明長いですねと。

 

 

判定  毒親度 50%

 

どっちだよ、っつハナシですよ。

でも、”あなたは毒親かもしれません” ですって。

 

ちなみに "毒親洗脳度” ってやつもやってみたらあらイヤだ、100%でした(泣

ひとんちの親全力でバッシングですよ失礼してしまう。

しかも一人ばっかしかいないのに、っていうかもうとっくの昔に他界しましたけれども。

 

 

"この親にして、この子あり” みたいなこと言うじゃないですか。

”この親にして” って部分からすでに印象とか記憶が結構曖昧って薄情なクチなんですけど、だからこその100% ってことなんですかねー。

けっこう複雑なんですかね人間ってのは。

ただの不器用とかそんなんだったならまだマシかもなんだけど。

母子家庭の母やってたウチの母は仕事も家庭も一生懸命にぶち当たって、その結果くたくたになってものすごく早く死んでしまったカラダが弱かっただけの普通の人です。

そんな風に見えていることこそが100% ってことなんですかね。

あまり優しくしてあげられなかったので、そんな後悔みたいなモノばっかはこびりついて離れずにいるのですが。

 

 

”この親にして” って部分ばっかを、親になったわたしなんかは闇雲にかき消したがるんだろか。

口うるさいことを繰り返しながら、”ああ、この子のいいところをわざわざ台無しにしてるよわたしは” って、どっかで間違ってるってそんな気はしてんです。

スマホばっか弄るのに忙しくて夜中の0時にようやくお風呂に入る自己管理のだらしなさとか、好きじゃない食事の時の明け透けなわかりやすさだとか、部屋が汚いとか、すぐに風邪を引くとか、どうやら毒親であるらしき親の影響をモロに受けたらしき毒親度50% とかってわたしはそんなことの一つ一つが全然一つ一つなんかではないほとんど一つばっかでしかないはずの何事かばっかを理由に当たり前みたいな彼女のだらしなさって一部を露呈させてんだってばっか思えて、近頃なんかはほとんど条件反射みたいにつまりパブロフの犬さながらに苛立ちを覚えてしまう始末でいるものだから本当に煩わしくてイライラして猫ばっか可愛がってそのくせ家に帰ることが憂鬱で仕方ないっていうほぼほぼ最低な有り様だったりするんです。

そんなこと子どもに言ってしまったら終わりだわかってますってば。

でも言ってしまったことあるかも。

 

 

一体何を期待したがるんだろか毒親50%らしきは。

色んなことをリセットすべきとかそんなことばかり考えたがるそんな日なのですまるで暗闇。

 

今年ももうじき終わるってことですか、そんな程度のことばっかだったらいいのにって50%なんて所詮ひん曲がったことばっか考えるらしいです。

 

 

イヤになってまいりました。

はぐらかしていられる時間もあまり長くは残されていないはずなのです。

わかってますってば。

 

ズルいんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休日こそねじまがる

ゆうべのバンド練習は全然行きたくなかったのだけれど、行ってみたらそこそこ楽しかったとか、そういった些細な点についてさえ実は自分のこととかまつわることとかも含めて全然わかっていないんじゃないかってことはもちろんのことなのだけれども、だからって全てにおいて好意的な意義が含まれているわけでもないはずなのだから、所詮わかった風なフリして懐いてみたり拒絶してみたりしないわけにもいかないものなんですな。

 

所詮表層的であれ知らなすぎるのはやはりあまりよろしくないということで、ニュースとかキューレーションのアプリとかわたしなんかでも幾つか活用しているんですけど、個人的にはユーザーの傾向にあわせて話題をピックアップしてくれるタイプのものより一律に時事ネタ晒してくれるタイプの方が電子辞書より紙の辞書って倫理やら興味やらと全く同じ目線において好きですニュースアプリとかは。

キュレーションアプリは一般的なニュースとはちょっと目線の違う趣味的な情報とかトレンドみたいな話題が多いみたいですけど、基本的に行列促す的な似非リア充推奨的ないんすたぐらまー御用達的なつまりお節介感といいますか所詮軽薄な感じ話題性ばっかにかまけた感じとでもいいますかだからってIT関連ビジネス関連の記事には何となく興味惹かれてしまうのは単純にわたしがおっさんだからってことなんですかねまんまと引き込まれてしまうものです所詮。

NAVERまとめとかは一つの話題について情報量多いし手っ取り早いですけど賛否も含めて入り乱れてるあの ”所詮キュレーション” って自ら開き直ってるみたいな感じが何となく無責任な感じがするっていうか受け取る側のリテラシーに委ねるっていうある意味キビしさというか適切な足りなさっていうのかなむしろ正しくさえあるのかもしれないんだけど、一般素人のせんないツイートの羅列が一先ず鬱陶しいので所詮好きじゃないですとせんない素人が言ってますセルフスキャン。

 

 

決定要素は掌の中、とか。

”髪切りたいやあ~” 的なやつとか他人事ではないはずなんですし。

 

掌から漏れ出すものが如何に効果的なモノなのかって、地図でもオクでももちろんSNSとかだってそう、その有効さ加減なんてわたしでさえ散々知ってるわけだし体験してるわけなんだしスマホないと未だに東京なんて歩けないんだし。

 

そんな不器用なメンドクサガリみたいな人にこそ情報サイトだとか専用アプリとかがあるんだろうしインスタとかイレギュラーな入り口なんかにはある種の付加価値とか見栄みたいなものを受け取るばっかの側にさえ思いつかせるお節介さすら備わってるんだと思うんですけどつまり、それと個々の事情にどれだけの事実関係が成立するもんなの? とか、実状に即したものになるの? 的なほぼほぼ偏屈みたいなこと考えがちな性格ではあるんですねわたしの場合。

 

そんなこと言ったって仕方ない、所詮は掌から漏れ伝わるばっかのもの。

端的に、具体的に、魅力的に、その目的に即した情報をお得感満足感期待感満載で持って見せびらかして誰よりも上質に受け止められてなんぼその気にさせてなんぼていうのが要するに広告っていう目的で期待したい効果ってことなんだから仕方ない。

 

 

目移りするばっかなんだけどもな。

目移りしちゃうほど魅力的なモンばっかだったなら別にいっかよと。

 

 

 

わたしのお仕事って、ある程度の水準における技術や知識や経験に基づいてお客さんそれぞれの要望に出来るだけお応え出来るように努めること勉める場所に勤めてるみたいなものなんだと思うんですけど、所詮木っ端に焼印押すような要領ではいかない仕事だとは思ってんです。

どんな条件でもそこそこの水準を達成するべき努力はいつだってしてるんですけど上手くいかないことだってそりゃあるさ誠に申し訳ないです一生懸命やってるんだけれども。

 

 

”ダメージレス縮毛矯正”

まあ、アホかとは思うんですけど。

 

”なんちゃらステップトリートメント”

まあ、何目的なんやらってハナシなんですけど。

 

”カラー&パーマ同時施術可能”

って、法律でダメって言われてんですけど。

 

っていちいち言い出したらキリないかもなんだけど、それに対する言い訳もまた焼いても殺しても湧いてくるのがこの業界なんだし商売なんだしもしかしたら需要でさえあるかもなんだし。

 

 

たぶん、嘘でもホントでもいいんだなって個人的には。

乱暴かもなんですけど。

 

選ぶのは所詮お客さんなんだもの。

それを価値みたいに思って目的に欲求に適う気がして選ぶんだもの。

その気にさせたほうが勝ちに決まってる。

 

 

だからって。

だからこそ、でもいっか。

思い通りじゃなくても、期待通りじゃなくても、勝手に選んだのはあなたですから文句とか言ってんじゃねえぞアホかと思う、なんてことくらい所詮思います。

だって、人それぞれ髪質なんて違うんだしコンディションとかその人のお手入れの仕方つまりマメだったりただの面倒臭がりだったりってことさえ全然無視できない条件になってくるんだからつまり、掌から漏れ出す情報にあなた個人についてのことなんか何一つ書いてやしないよって例えばそんなことを性格の悪いわたしはそのまんま悪し様に言ってしまいたいとかつまりつまりそんな最低さだとか。

”お手入れ簡単デジタルパーマ

って例えばそんなのとかもパーマのハナシじゃなくてあなたの性格のハナシしてんだよ、なんて側面もたまには気付いておきなよねなんてディスりながら広告っていう企みの性格の悪さと需要っていうマゾヒスティックで羞恥心ゼロみたいな告白の鈍感さのミラクルカップリングその強烈な威力に所詮怯えてみるんだとか。

 

 

毎日ブログチェックしちゃう程度にはツイッターフォローしちゃう程度には信頼したいコンサルとかライターさんとかはいるものなんですけど、例えばツイッターのタイムラインとか、わたしなんかお呼びもつかないような熱狂的な信者的なフォロワーさんの全く我を見失ったような天国ツイートをまんまとリツイートするコンサルのしてやったり感だとか加速する説教臭さだとか絶対感だとか全然わかるんだし納得さえ出来るんだけど、所詮腹一杯。

好きなアイドルのリア充アピール食傷すぎて丸ごとキライになってフォロー解除するのとかと何も変わらないくだらなさったら確かにそうなんですけど。

 

 

ちまちまとツイートしたりブログ書いたり、しかも商売に全然関係ないことばっかどころかほとんど性格最悪記事ばっかとか意味わからないじゃないですか。

何でそんなことばっかになっちゃうのかって、それって多分わたしなりの例の信頼したいコンサルだとかって方々のおっしゃってるところに対する自己流解釈っていうか所詮我流なんだしなんなら真逆に突き進んでるかもなんだけれどもそれにしても、アホみたいな ”天国ツイート” さらしてイノベーション企んでますみたいな顔ばっかしたがるのとかダセえなってまったく本気で思うばっかの結果だったりするんだと思うワケですなんて正直さ。

 

 

つまり、こんなのってわたしによるわたしのキュレーション作業だとかって例えばってことなんだけど。

 

 

所詮人気ないですから、ないからこそいちいち来てくれるタイプの人ばっかに関わっていきたいわけです。

っていうかそんなんしか出来ないことくらいわかってんです。

素敵ばっかキラキラばっかおしゃればっか楽しそうばっかサラサラばっかでもないことこそが多分わたしのストロングポイントだって嘯いて黙ってられないわたしのねじまがったネガティブは今現在も迷走中なんですけど、それにしても毎日けっこういろんなおしゃべりさせていただいてる自覚はあるのでつまり、そんな人ばっかを集めたがるこれはわたしのそんな作業です。

べらべらべらべらおしゃべりなワケだ見苦しいったらありゃしない。

だからってキレイゴトとか反吐が出るって言い切りたがって済まない性格面倒すぎて自分でも厄介死ねばいいのにうそうそ。

 

 

髪を切るっていうのは一番の目的であって単なるキッカケとか。

そんな無責任みたいな責任こそがこれからの例えば自分なりの需要と供給だとかつまり、それを間違ってるって殺しに掛かるような世の中なら商売なんかさっさとやめてやるって、今更ひん曲がる余地さえ忘れてるのかもしれないこんなわたしはいつもちっさい店に所詮引き篭もってばっかです。

 

 

威力が欲しいっ。

 

 

うるせえ黙ってろ。

 

 

 

 

 

今週末はお店ほぼお休みです。

ほぼ、ってなんだってぜひお問い合わせの程を。

ライブ&結婚式で重大な散財なんです。

死ぬかもしれないので助けて下さいお願いします。

わたしは皆さんのおかげで出来てる目出度いイキモノですありがとうございます。

 

 

生意気言ってスミマセンでしたm(_ _)m

 

 

 

惜しんだら告白じゃない

裏にも表にも大森さん。

 

例えば近頃のシアワセはそればっかで、って言ってしまったのなら今日の朝食やら出かけてくれたお客さんやら一息ついたピーチティーやらっていう誠に無事な感じのことがまるきり台無しになってしまうようなつまり人生の不躾をやらかして何者かに叱られてしまうそうなのでそればっか、とは言わずともココロに咽ぶ喜びはけっこうやっぱり大森さんです。

 

 

何かが見てる、っていうそんな仕組みが何処からどこまで通用したモンやらその価値とか意味とか希望とかうしろめたさとかまでひっくるめて自分自身ばっかの人生の恥じらいさえ恥らうつまりそんな適切さを信じたいとか貫きたいとか所詮ショボいばっかの頑なな自由意志自分意志ってもののわずらわしさ裏切れなさとか何なんだろ、どうせ怠けたいくせに怠ける自分のことはもちろんキライだとわかっていてでも多分面倒くさいってことは正真正銘の本音でもって欲求なワケなんですけど、そんなもん超余裕で振り払ってちゃんと書こうブログ、ってさっきツイッターでブログ書きたい宣言(嘘も甚だしい)してやってきました。

正直書くことないです。 ← for 自分

 

 

THE 直毛 DAY

ウチのバンドの名前じゃないです。

今日はそんな日だったって話。

 

アタマにシャーペンの芯が刺さってるみたいな伸び方する髪がいつもより一ヶ月ばっか余分に伸びて ”あら、伸びたのね” ってそのまま言う馬鹿みたいな入り口からのもったいないアプローチでシャーペンの芯回避、みたいな仕上がり。

全然楽じゃない、ある意味彫刻染みた作業になってくるんだけど仕方ないです、そんなことよりそのお客さんと彼女の犯罪ギリギリみたいなハナシを全く犯罪と思わない立場で明るい未来に挿げ替えて繁々と語ることに忙しく、どんなカットしたつもりなんだかよく覚えてません。

カッコよくなって、「ラーメン食って帰る」つって帰っていったのでまた来てくれたらよしとします。

長い付き合いだもの。

 

直毛なんだけど生えクセのせいでさらさらとさわやかな方角ばっかに流れたがる何やっても印象変わらないみたいな髪がちゃんとひと月分伸びたんだかどうかもわからない感じからの何とか面白いことしてやんないとパーティーシーズン到来も受験勉強にまみれちゃうぜって、でも勉強集中しないとヤバいんですって言われたからには眠くならないように前髪とか目に掛からないようにそれにしてもイイ感じにしとこうよねってそれにしても所詮それほど変わらなかった仕上がり。

青春のクソフラストレーションもりもり蓄えた少年だからこそしゃべりたいことじゃんじゃんしゃべらせて帰らせたばっかだからこちとら何したんだかよく覚えてません。

年頃の不器用男子に本音白状させるのって意外にムズカシイので髪なんかどうでもいいからじゃんじゃんしゃべらせたことにこそ意義アリって、またこの次来てくれたならまあいいやってことにしとく。

友だちも来とることだし。

 

 

直毛、と一言で言っても(重言馬鹿)これだけ違うんですっ、って馬鹿なんだろか。

所詮何したのか覚えてないくせに。

 

 

 

髪を切りに来るところなんですけど、髪を切りに行くトコなんて信号機よりもありふれて有り余ってるらしいので、”こんなん出来ました” みたいな画像とか載せるとか面倒臭すぎてやる気もおきません。

ヘタクソだから見せらんないんだろ、って思うなら思ったらいいんだしストロボびかびかの天使の環ばっかが価値とか思ってるポンコツ情報エリートに効果的な何チャラとかむしろこっちから積極的に回避してやると思ってるので言いたいこと言ったらいいんです情報なんてそんなもんだろアホかっつっとくナメやがって。

 

 

食べ物のハナシ、靴のハナシ、釣りのハナシ、音楽のハナシ、政治のハナシ、教育のハナシ、ビジネスのハナシ……今日もよく喋りました、ってすでに閉店モードかよと。

ハサミ動かす手よりノドの方が疲れるとか何だかおかしいんですかね、ってでも喋りたいんだから仕方ない。

しかしながら近頃、気をつけていることは何よりも ”しゃべりすぎない” ってことに尽きるわけで、言い方変えるなら ”お客さんのハナシばっか聞きたがる” って言ったら言い過ぎ且つ下世話な感じさえしてしまうんですけれどもそれくらいの覚悟でいないとわたしなんかお客さんの分まで喋っちゃうので多分ちょうどいいくらいに思ってるんですアホかと。

 

これからの時期、ノドからくる風邪とか馬鹿になりませんから。

 

って、そういうことではなく。

 

 

自分は何で、ここで、こんなことしてんのか。

髪を切る、っていうことが仕事なんですけどそれにしてもそればっかでもないだろ、って部分を自ら仕掛けていくことっていったら下品なのかもしれないんですけど、いちいちおっさん一人ばっかのお店にわざわざ来てくれる方がいるなら、いちいち来るだけの理由を持たねば差し出さねば、何ならそんな理由ばっかで面白がってもらわねばって所詮自分ばっか面白がりたいばっかなもんだからお客さんの彼女のハナシとかやたらと聞いちゃったりするんですけれどもそんな二人のお別れエピソードまでお付き合いさせていただけたなら彼女をはぶいた関係性のみにおいてはばっちりコンプリートでしょっていうか早く次の彼女のハナシ聞かせてよね、ってその先さえ面白く見通せたりするじゃないですか、って例えばそんなことばっかのために自分はここで、こんなことしてるんでも全然いいんじゃないかなんて思ったりするわけです。

 

この方はどんなことに興味をお持ちなのか、どんなコミュニケーションを好まれるのか、ついでにそんなこんなが結構わたし自身にもフィットするものでありますようにと期待を込めてクソくだらない雑学の限りを尽くしてべらべらしゃべりまくるのですが、近頃はお客さんのおハナシをお聞きするほうが何だか滅法面白かったりなんかして。

この歳になってくると初めてのこととかだんだん減ってくる、とか世の中そこまでたかが知れたものであるはずもないんですけれどもそれにしても身近なおハナシってけっこう身近でしかないこともままあり得ちゃう中にあって、今日お聞き出来た建設関連のお仕事のおハナシとか面白かったなー。

自分ばっかでは知る由もない景色を、他の人の実体験から目線から聞かせていただける間接的体験っていうのもなかなかのもので、想像するだけでも少しアタマ良くなった気がするとか経験値上がったようなって所詮誤解なんですけどそれにしても面白いなあって感激はたしかにいただけるわけですこれって結構な体験じゃないですか。

率直に面白かったです、ありがとうございました。

 

 

退屈は自分のせいに決まってるんですけど、そんなモノをあくせくと埋めたがるばっかではなくて時には自分以外声や言葉に耳を傾けてみるっていうのも満更ではないなあと柄にもなくしかも全くの今更感丸出しにおいて、近頃は人様のおハナシが滅法面白いです。

 

 

ああ、もう書くことない。

しかし無理矢理書き切ったつもりでやめよう。

誰かが見てくれていなくても全然平気じゃんか、表にも裏にも大森さんいてくれるんだもの最高じゃんか、って普通に本気で言ってます。

 

アホとか変態とかそういうんじゃなくて、例えば威力とか、そういうものを世界規模で振りまける種類の人っていうのは確実にそういう神懸かった視線をもってるものなんだってこれまた普通に思ってますし信望してます。

 

じゃんじゃん憧れながら、恥ずかしいっていう冷静さえ自覚しながらそれにしても自分ごときでも実現可能な何かをちまちまと企んでやらなければやりつづけなければやらなければ気が済まない程度にはなりえなければ、例えばそんな ”威力” みたいなものに憧れる資格さえ持ち得ないような感謝さえ述べられないような情けない気持ちになってしまうので例えば今日のちまちまは "書く” とうことに他ならなかったのでこうしてとりあえずも書き切ったつもりである以上こころおきなく楽器の練習に向かおうと。

呵責が奪う自由なんて嘘じゃんか。不幸じゃんか。

って例えば個人的暴落的主義を思いついてしまったからって、所詮芯食ってるつもりなら迷わずにいられる正していられるってそんなつもりとか。

自分ばっかの秩序を惜しまないことその威力を存分に見せびらかしてくれる大森さんがたとえばこうして書かせてくれる、そういう現象やら意地は普通に毎日に通用する原理みたいなものに違いないって勝手に思ってます。

偉大な威力シビれる。

 

大森さん、今日もありがとうございます。

 

トランプマンかもよ

”トランプ” って書いておけば何かしらこするんじゃないの、なんて知恵の欠片にもなりゃしないこと考えながらそれにしても書いてしまったんですけど、世間もテレビも結構な騒ぎなんだし見ているこっちも何だかそれだけ騒ぐだけの何事かなんだなってそんな気持ちばっかりにはさせられてしまうんですけれども、所詮よくわかってナイですってことも白状しておきますよ。

それにしてもヘンな髪の生え方してんなこのおじさん、くらいのことしかわたしなんか所詮考えていなかったんですし。

 

 

しかしながらですねついでに言ってしまうとですね、こんなお仕事も長いことさせていただいているとですね降り積もるモンなんですよ、ヘンなものが。

経験値? 統計? 傾向?

まあ、よくわからないんですけどつまり、"多分、そんな感じ” とかそんな感じのこと。

そんな程度のこと。

 

 

ヘンなこと その1

《もうすぐ死んでしまう人がわかる》

いきなりけっこうなインパクトじゃないですか。

所詮言葉が足りないからそんな感じになっちゃっただけなんですね驚かせてスマンすまん。

要するに、"命に関わる病気かかえてるぞ、この方は” みたいなインスピレーションとでもいうんですかね、だからって、結構な的中率だったりするんですよ自分ばっかで言うことだから信じてくれなくていいですし言うべき機会とかカンベンですしー。

カラダの一部に、兆候があらわれるんです。

内緒ですけども。

 

ヘンなこと その2

《鬱の因子抱えてる人がわかっちゃう》

何すか、基本暗いですよねスペックが。

だからって仕方ないじゃないですか、そんなことばっかなんですもの。

性格ネガティブなせいですかねー、でも無闇なポジティブ信仰はむしろヤバいと思うって、個人的に勝手に信望厚いミッフィーさんも言ってましたから所詮オッケーかよと。

”そもそも” みたいな人も、”徐々に” みたいな人もおられるんですけど当たり前ですよね、鬱は病気なんだからよ、って救命救急士やってた義アニキも言ってたっけ。

 

ヘンなこと その3

《髪質、生え方でその人の性格わかっちゃう》

大体、っつことですけれども。

血液のA型B型とかそんな感じのざっくりさっつコトなんですけども。

あまり乱暴なこといったらプロとしてアレなんでしょうけれども、髪って所詮その人表してるトコある気がしてるんです。

優しい人は優しい髪してるし、気の強い人は強い髪してるし、独特な人って独特な髪質だったりするし、って全部が全部ってことではないんですけどつまり傾向的な何とかっつことなんですけれども。

 

 

で、いきなりおハナシ戻っちゃうんですけども、トランプさん始めて観たときからずっと思っていたわけです。

”この人の生え方、変わり者の生え方じゃん” って。

 

変わり者=悪者とかそういうんじゃなくて、単純にわたしなんかはテレビの画面通じてこの人を観た瞬間からこの人の結構な一部を知ってるような錯覚みたいなモノ思いついちゃったっつことです。

実際、変わってるっぽいじゃないですか。

個人的にはこの人の奥様のほうが観ていて興味深かったですよね、かつて日本を騒がせたチリ人妻アニータ・アルバラードさん感スゴイじゃないですか、金髪だけども。

 

個人的雑感としては、トランプ一族ってプレイボーイ(雑誌さ。しかも60年代とか80年代とかの一部、露骨に金満な部分ばっか)感ハンパないですよねそんな有頂天っぽさとか。

唸りを上げるアホみたいなV8エンジンそんなムダっぽさとか細かいこと抜きみたいな奔放さ? 豪放磊落? とかあんまり褒める気ないですけどそれにしても例えば愛すべきキラワレモノとでもいうのかな、わたしなんかが子どもの頃ってこういう存在そのものがかさばる感じ面倒この上ない感じのおっさんって結構あちこちにいた気がするんですけど要するにそんな感じ。

懐かしさにも似たなんなのこの感じ厄介な感じって、そんな感じ。

平野ノラさん的アメリカ版ノスタルジーをネタじゃなくガチでしかもわざわざやってる感。

朝食はスパムと目玉焼きと木っ端みたいなごりごりのシリアル、昼食は手掴みでナチョスとかもりもり食ってそのくせドリンクはただの炭酸水だとか、でも夕食はサラダなんか出したらあっつまに機嫌悪くなるくらいのミート命反ベジタリアンっていうか迫害企てるくらいのTボーンステーキかっ喰らい馬鹿カリフォルニアワインがぶ飲みの万年赤ら顔だとかって要するにいにしえのアメリカンスピリッツ臭もりもりのヘンなアメコミキャラの実写版とかいったらようやく現在に帰着出来るんだろか。

 

日本には陰陽って考え方あるけど、国家なる民族の集合っていう景色において変な意味これほど鮮やかなコントラストっていうかそんな美しいものなんかでは全然ないんだろうけれども、それにしても実態的質感の濃い有り様っていうか、単純に明るい舞台に肌の白っぽい人ばっかしかいないあんな感じの目出度さって、わたしみたいな素人から見ても明らかに違和を煽られずにはいられない明るさの不健全っていうか、煌びやかな悪意っていうか、玉眼の微笑みっていうか、まあ何でもいいんですけどつまり何だろこの豊満な薄ら寒さは怯えるような威容はとかそんな感じ。

 

ニュースに惑わされすぎだろか。

リテラシーの低さは現代において罪との自覚。

佐藤優さんは歓迎すべき事態と言っていた。

そういえばロナルド・レーガンに似てなくもないし。

レーガンが偉大な大統領だったのかどうかも個人的には定かではないのだけども。

 

 

目の前にある日常も、海の向こうの大統領選も、近頃人間が巻き起こす事態というのは案外根っこが無邪気に露というか機能が似通って見えるというか共通原理が意図外で且つ正常に働きすぎて見えるというかつまり、単純感情に即した事態が多すぎる気がして仕方ないのはわたしばっかじゃないと思うんだけど要するに世の中はなかなかの水準で便利や機会を操る術を得てむしろ気が短くなったのかなとか、恥じらうことを諦めたのかなとか、その引き換えに要領だとか強さだとか図り方だとかってモノを限定した資格の中ばっかでより強固に作り上げる目的ばかりに突き進む露骨さを隠すつまりマナーみたいなものばっかからはまんまと開放されて自由とかって無秩序さこそを恥らうことを忘れた、そういう目の前にありながら他人事を眺めるような例えば関わり方の速度みたいなものこそを誇りたがるそういう景色になっていくのかって、例えばそれを急激にわたしサイズの日常に落とし込んでみたなら、そんなものばっかからはみ出したがる否定したくなるつまり世に言う "ネガティブ” っていう取っ付き辛さみたいなものそんな気配ばっかを掻き集めたくなってしまうんだとか何とか。

 

株価がどうとか安保がどうとか難しいことはわからないのだけれど個人的に率直に思うのは、相手を見て偏見ばかりを思いつくことは最早時代遅れ、っていうか取り残されたダサいばっかの思考って気がしてつまり、変わり者みたいな人間がまんまとのし上がったのは所詮時代っていう大風呂敷が期待したがった欲した結果でしかないんじゃないのかってことです。

 

例えば ”マインド” って言い方をよく耳にするんですけど、これからの世の中って ”マインド” ってただそれだけのあり方一つが理由にも言い訳にもなってしまう、すごくシンプルでいてとてつもなく厄介な意識ばっかにいよいよ占拠される世の中になっていくんだって思ってます。

 

実態をイメージで覆うばかりそんな手法ばかりの有り様は個人的には全然好みではないんですけど、恐らくは変わらないはずのそんな流れの中にあってこそ自分はどうしたいのかどうありたいのか、偏見ではなく適正な意志を働かせた実態のある目的や価値を自分なりに見定めて進んで行きたいものだなあと、全く辛気臭いことを全く心細く思いつかずにはいられなくなるワケです。

 

世界の仕出かしにまつわる何らかの影響を世界の片隅で嘆くような恨むような有り様にばかりは落ちぶれたくないものだと、考えることばっかは今日も生意気です。

 

 

考えられないものが、手に入れられるかっつの。

 

 

 

世界のせいでも世間のせいでもない、自分の景色を楽しくするのは自分ばっかだと、そんなことばっかは今日も普通に信じてます。

自分のせい、って自分に言えることはせめてもの人生の救いだって思ってます。

 

表にむいてない

啓発系、セミナー系の動画とか見過ぎてしまう自分をどうかと思う。

"動画” と ”どうか” をかけている感じとかちゃんと気付いて欲しいとか若干どうかしてると思う。

 

11月なんて死ねばいいのにってくらいヒマなのはウチだけのハナシなのかもしれませんが、お前らウチのこと殺す気かっ、って普通に思ってます。

そんな季節ってことですから、真に受けないでよねっつコトです。

 

ヒマすぎて裏アカ先行でもって表らしきアカウントさえ作ってしまいました。

つまらないことしか吐けない表で人柄を演じることを自分なりにこすってみて、やっぱダメだ辛抱ならんって段階でもって裏アカで本性吐き出そうと思っていたんだけどフォロワーさんからDMもらって少し窮屈な気分をおもいついてしまったとかそうじゃなくてお行儀よくしなければならんな、なんてつつましき平静を裏にさえ呼び込んでしまう自分無念です。

でも "裏ですから” って告白しといたから所詮最低なこととか呟いてやろうと思ってます。

恥ずかしいので表ではヘンなアイドルとかフォローするのはやめておこうとそんな冷静さはじけてます。

いいねもリツイートもゼロ行進更新し続けるのは要するにただの生き恥ですから満更でもナイですけども人並みの羞恥心に誓ってどうか探してくださいフォローして下さいってお願いしておきます。

人並みのお願い。

 

 

 

 

寒いから髪切らない。

年末近いからもう少しガマンする。

 

ありがち。

 

今年も早速アウター買っちゃったからお金ない。

流行りとか抜きで所詮ブーツ履きたくなる。

何だかんだ言ってもデニムシャツにエンジのマフラーは最強。

 

 

全部季節柄でも何でもいいんですけど、要するに、”つまんない” じゃないですか?

商売人として、”ああ、今月はヒマになるな” って当たり前みたいにスタートしてるワケです。

で、フタを開けたらそのまんまその通りどころか威力ハンパないとか。

 

つまんないじゃないですか?

 

 

昨日、およそ二年ぶりくらいに髪切りました。

お店閉めたあとにいきなり ”エイっ!” って切ってしまった。

肩口の一番ハネやすいダメなトコでワンレングス一発切り。

 

すっかりコシを失ったおっさんの髪ときたらちっともハネやしなかったのでリタッチ矯正のついでに毛先だけアイロンでむしろ内巻き一巻きオキシ1.5%でギュっ。

ストレートはさておき毛先のカールはキビしいかよ、って思っていたんですけどなんのことないです、クルッとな。

なんちゃってデジパーみたいなもんかよと。

営業レベルではどうかと思うけど、理屈としては真っすぐか曲がってんのかって違いだけのはずだからわたし向けばっかにはオッケーかよと。

二度目の目玉焼きだけどカンベンしてよね、とかそんな程度でもって。

 

ライブ間近ってことでヘビメタじじいと思われることだけはどうしても避けたかったわたくし、年甲斐もなくワンレンボブのサブキモ感まんまとゲットです。

もはや画像なんて載せない文字ばっかブログ突き抜けてきたのでつまり絶対載せないし見たくもないでしょうけれどもって客観的品性さえぬかりなく。

 

超楽チンですよ尻尾無くなったんだもの当たり前でしょ前髪ウザいですけどすぐに慣れるでしょ、って開き直りつつ志麿遼平くん張りにぱっつん前髪作ろうとしたけど寸前で踏み止まった俺ナイス判断って今のところは。

 

 

厚着になると、これまで気に入っていたはずのヘアスタイルがめっちゃ不恰好に見えてきたりするのはあなたの勘違いなんかではなく油断ですらなく全くただの事実です。

せっかくのたっぷりとした素敵なファーあなたのそのコート。

まるきり負けず嫌いみたいなあなたの髪が完全に張り合っっちゃってるじゃないですか、まるでマーク・ボランかスラッシュかってそんなボリューミーなバランスってば冬の始まりにはありがちなことですってば。

そこのお兄さん、そのB-3ってば何年前に買ったヤツなんですか? へえ? アヴィレックスですか、そこそこのヤツ買ってるじゃないですか。だからってそれにしてもアップデート足りてないんじゃないですか? わたし、すっかりタンスの肥やしに成り果ててる東洋のスカジャンとか、あーあ、今年も出番ねえなっていうかしばらくあり得ナイっぽいなってムシューダぶっ込んでおくとかそんな感じですよ、だからせめてその厚ぼったい襟足、すっきりしてみたらいいじゃないですか。

冬だからこそ、白く覗く首筋が魅力的であることに男女差別なんてありゃしないですよ、わたしが保証しちゃいますからちゅうくらいなつもりで聞いといたらいいです。

 

で、わざわざ素敵なマフラー巻きつけるんじゃないですか。

冬って、そうやって楽しむモノじゃないですか。

 

 

今日のわたしは二十歳のときから着ているどうでもいい古着のトレーナーにカラシ色のカーディガン、ボトムはキモいほど細いグレースキニーに黄色のスリッポンで気分はまんまと志麿くん(マリーズ期のなー)ですよ勝手にそのつもりでいるだけだからほっといてよねっつことですキモいボブ万歳っつことです。

載せないですけども。

 

 

 

寒いなら寒いナリの楽しみ方ってあるでしょ。

わたしんち殺す気かっ。

 

 

 

 

 

……って、嘘です。

来たい人が来たらいいです。

 

 

 

 

店なくて手遅れかもしれんがのー。

ヤメたくなったら言うのでついった見てくださいついでのフォローもお忘れなく。